取引や流通におけるデータ保護ができる!

  • データ及びデータのやり取りの改ざんを防止し、情報漏えいを抑えます
  • データ改ざんによる不正を防止します!

ハッキングなどから情報資産を守る仕組みを導入できる!

デジタル・トランスフォーメーションとは?

デジタル・トランスフォーメーションとは、今まで人が行っていた業務をITにより迅速に処理させることで、より効率的な業務推進を実現することを示します。
多くの時間と人件費を使っていた業務をITに置き換えることは、労働力不足の解消と共に、サービスの向上に向けた業務に対して人を配置できるため、これまで以上の売上UPを生み出すことが可能になります。

現在、デジタル・トランスフォーメーション化は様々な業界で導入が進んでいます。
スマートデバイスからの大量の顧客データなどを普通の企業でも取得できるようになった今、それを迅速に分析して、顧客の趣味嗜好にあった新サービスを生み出していくことが求められています。

様々な分野で応用可能なブロックチェーン技術!

ブロックチェーンは仮想通貨だけではなく、多くの分野でその応用を検討されています。
医療分野、Iot&ロボット工学分野、物流分野などです。

医療分野では、多くの応用例を見出すことができます。一つは、電子カルテや薬の履歴で、既往症や過去の全てが改ざん不能なシステムが望まれており、遠隔手術や治療に関しても研究分野として注目されています。

Iot&ロボット工学の分野での応用は、正しい情報の伝達が求められています。安全性の確保のため、指示データーや制御後の確認データー伝送においてブロックチェーンを応用することが考えられるようになってきています。特に、先述の医療現場用の遠隔操作ロボットでの治療や手術には不可欠な要素となるでしょう。

また物流分野でも、商品情報の詐称や、不正な情報の入力による商品ロストなどが問題となっており、製造から配送過程までの透明性確保のためブロックチェーンを活用したトレーサビリティの導入が始まっています。

日本ブレインウェア独自の
デジタル・トランスフォーメーション化支援のメリット

当社のブロックチェーンを活用したデジタル・トランスフォーメーション化支援には、以下のようなメリットがあります。

ブロックチェーンを新規に開発しなくてもOK!

当社関連会社の一般社団法人フィンテック研究振興協会(FRPA)の汎用ブロックチェーンを利用すれば、通常の1/3以下の価格で、自分だけのブロックチェーンにカスタマイズできます!

既存システムへの導入も支援!

当社は、既存システムへのブロックチェーン導入まで支援させて頂きます。御社の既存システムを変えることなく、導入をスムーズに行うことが可能です!

デジタル・トランスフォーメーション化までの流れ

システム導入するまでの流れです。

相談受付
まずはご相談ください。計画などをヒアリングし、最適なシステムを検討致します。
見積書作成
検討したシステム導入の見積書を作成致します。
要件定義作成
ブロックチェーンを導入するための要件を抽出致します。
相互確認
作成した要件定義が要望を満たすか確認頂きます。
着手金支払い
仕様作成の費用として着手金をお支払い頂きます。
仕様確定
仕様を設計致します。
設計
仕様を元に、システム内部やインターフェース、データベースの設計を行います。
1次費用支払い
開発部分の費用として1次費用をお支払い頂きます。
開発
開発に着手致します。
試験
開発したシステムの試験を行います。
納品
納品致します。
残金支払い
残金をお支払い頂きます。
運用開始
システム運用を開始致します。

PAGE TOP