スタートアップを実現させるためには、「これまでにないユニークなビジネススキームを持っている」のは当然として、それを踏まえたうえで幾つかの課題があります。その課題とは、次のような事項となります。

  • 短期間に、上場までに必要な資金を集められるか?
  • 資金調達後に、スタートアップに必要不可欠な人材を確保することができるか?
  • 早期の事業構築と有効な事業推進を短期間に行えるか?
  • 有効なマーケティングプランを持ち実際に結果を出せるか?
  • 株式公開知識を持ち、株式上場するために必要な課題をクリアできるか?
STO&ICCO

株式会社日本ブレインウェアが行う「スタートアップ支援」は、これらの課題を解決しスタートアップを実現してもらう為の総合支援を行います。

その実現方法として、STOとICCOを有益な武器として捉えています。スタートアップ支援をご希望の方は、この2つの方法から選んでいただくことから始めます。

STOとは?
信頼されている仮想通貨

STOとは、Security Token Offeringの略で、安全なトークンを発行して資金調達することをいいます。

安全なトークンとは、パブリック(取引可能)な仮想通貨を指し、簡単に言うと仮想通貨取引所が上場を保証している仮想通貨ということになります。仮想通貨取引所が予め上場を保証しているトークンなので、ICOのトークンと異なり確実に投資家が保護され、投資されやすくなります。

ただ、この場合は先に仮想通貨を作り仮想通貨取引所の許可を得る必要が有ります。そこで、STOを計画したうえで、縁故者に対してプレセールを行い、集めた資金で仮想通貨を開発するのが一般的です。もっとも確実なのは、初期投資として仮想通貨の開発費を自身で用意することです。

ICCOとは?
株式転換でき安全性◎

ICCOとは、Initial Convertible Coin Offeringの略で、株式に転換できるコインを発行して資金調達することをいいます。

発行した仮想通貨が仮想通貨取引所で取引開始され、購入価格を割るようなことがあっても、予め契約で決められた数の株式に転換できるので安全性が高くなり、投資されやすくなります。

STOの場合と同様に、ICCOを計画したうえで縁故者に対してプレセールを行い、仮想通貨の開発費を得るか、初期投資として仮想通貨の開発費を自身で用意することが不可欠となります。

スタートアップ支援の
申し込み要件

スタートアップ支援をご希望される場合、以下の要件を満たしている必要があります。

  • 資本金1,000万円以上の法人であること。
  • これまでにないユニークなビジネススキームを持ち、事業計画書が有ること。
  • 手付金の用意が有ること。
  • 本気で新事業に取り組める熱意と仲間を持っていること。

PAGE TOP